ふるさと青汁 成分

ふるさと青汁の美容と健康に有用な成分

ふるさと青汁は、栄養が豊富な八丈島産の明日葉、島根県産の大麦若葉、熊本県産の桑葉をブレンドした、美容と健康によい青汁です。

 

ポリフェノールが含まれている栄養素が豊富な明日葉

 

青汁の原料として最も有名な明日葉は、ビタミン、ミネラル、食物繊維という栄養素に加え、クマリンとカルコンという抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。

 

ふるさと青汁に含まれている明日葉は、葉だけでなく茎や根までも使っています。

 

つまり、ふるさと青汁は明日葉の成分を全て取ることができるのです。

 

ふるさと青汁の原料に使われている明日葉は、生命力が高く、栄養素が豊富な緑黄色野菜です。

 

明日葉に含まれるクマリンの効果

 

クマリンは、セリ科の植物に含まれているポリフェノールで、血流を良くし、むくみを予防する働きがあります。

 

血流を良くするので、体内のセルライトを除去するデトックスや生活習慣病予防、動脈硬化予防、アルツハイマー病の予防に効果的と言われています。

 

明日葉に含まれるカルコンの効果

 

カルコンは、明日葉に含まれているポリフェノールで、強い抗酸化作用があるため、体を参加させて病気や老化の原因や活性酸素を減少させる働きがあります。

 

また、細胞にブドウ糖を取り込むのを助けるインスリンと同様の働きをするので、セルライトの原因になっている不純物や老廃物を解消する働きもあります。

 

そのため、カルコンには抗酸化作用によるアンチエイジング、糖尿病予防、がん予防、デトックス効果があります。

 

ふるさと青汁にブレンドされている大麦若葉と桑葉

 

ふるさと青汁は、明日葉だけでなく、青汁の原料として使われている大麦若葉と食物繊維が豊富な桑葉がブレンドされています。

 

大麦若葉は栄養価が高く、抹茶のように飲みやすいのが特徴です。

 

大麦若葉は鉄分が豊富なので、貧血の予防や強い抗酸化作用で免疫力を高めるSOD酵素が含まれています。

 

一方の桑葉は、食物繊維が豊富で、デオキシノジリマイシンという成分が含まれています。

 

デオキシノジリマイシンには、血糖値の上昇を抑える働きがあるので、生活習慣病や糖尿病の予防のほか、大腸の働きを活発にして乳酸菌を増やしたり、糖分の体内への吸収を抑える働きもあります。

 

そのため、食前にとることで、ダイエットや便秘の解消に効果的と言われています。

 

ふるさと青汁は、普段の食事ではなかなか摂取することのできない栄養素を含んでいる野菜が3種類もブレンドされて作られている栄養の豊富な青汁なのです。